Home アジア諸国における環境規制最新情報 タイ、自主的排出量削減プログラム参加企業に対する税制優遇措置の詳細を告示

タイ、自主的排出量削減プログラム参加企業に対する税制優遇措置の詳細を告示

18 March 2021

タイ国税局は、2021年2月4日、官報にて「国税局長告示(第394号):温室効果ガス排出削減プロジェクトを実施する会社又は法人パートナーシップの所得税免除に関する基準、方法及び条件の規定」を公布しました。これに先立つ2020年6月22日、温室効果ガス排出削減プロジェクトに対する税制優遇措置を規定した“租税免除に関する勅令(第694号)”が公布されており、このたび公布された国税庁告示は、当該プロジェクトによる所得の計算方法について規定するものです。

2020年に公布された勅令(第694号)は、タイ温室効果ガス管理機構(TGO:Thailand Greenhouse Gas Management Organization)が実施する自主的排出量削減プログラム(T-VER)に参画、かつ2020年6月23日から同年12月31日までの間にプロジェクト登録を行う法人に対して、カーボン・クレジットの販売による所得に対する法人税を免除することを規定しています。T-VER とは、2013年10月に立ち上げられられた温室効果ガス排出量削減プログラムです。ISO 14064-2および14064-3に準拠したプロジェクトベースで行われるものであり、削減量に応じて発行されるクレジット(TVERs)をタイ国内で取引することができます。