タイ工業団地公社、工業団地入居規則を改正――製造工程の安全管理(PSM)に係る要求を修正

17 September 2020

タイ工業団地公社(IEAT:Industrial Estate Authority of Thailand)は、2020年9月1日、「タイ工業団地公社委員会規則:仏暦2563年(2020年)工業団地内における事業運営の基準、方法、条件について(第6号)」を公布しました。本規則の主な目的は、以下の3点です。

  • 改正工場法のIEAT管轄工業団地における実施
  • 製造工程の安全管理(PSM:Process Safety Management)制度の改正
  • 環境管理の強化

 

この度の法令改正により、IEAT管轄工業団地の工場について(1)工場ライセンス更新制度の廃止、および(2)自己宣言制度および第三者監査制度の導入が実施されることとなりました。これは、2019年4月に公布された改正工場法の内容を反映させた形です。

なお、PSMについては、外部監査における要求として「監査における自由を確保し、利益相反(Conflict of Interest)のない」外部監査人が監査を行うこととして、外部監査の独立性を重視する文言が追記されました。